うつ病患者に対する接し方「病院に通う重要性と対策について」

症状に合わせた対策

花

うつ病の治療方法について、お話していきます。うつ病の治療方法は、「身体と心を休める」ことと「薬を服用する」の二つが必要です。うつ病になる人は、責任感が強い場合が多いです。責任感が強い方は、なかなか身体を休めることをしません。自分が休んでしまうと、他の人に負担がかかってしまうと考えます。しかし、身体と心を休ませないと病院で治療を受けても、効果が得られません。しかし、医師に「休んでください」と言われても、休まない方が多いです。なので、ご家族の方が「休んでほしい」と頼み接し方を変えるようにしましょう。そうすると、うつ病の人は少しだけ心が楽になります。その流れで、休んでくれるようになるので接し方が注目すべきポイントです。それでも休んでくれない場合は、薬を服用してもらいながら症状が安定するまで入院してもらいましょう。次に、薬を服用して治療する方法です。まず、精神科に行きます。そして、抗うつ剤をもらいます。抗うつ剤を服用しつつ、身体と心を休めるのが治療方法です。次に、非定形うつ病の治療方法について話します。まず、非定形うつ病の方が抱える悩みの例えをいくつか挙げるので確認しておきましょう。「会社の人とうまく関わることができない」「家族、恋人や友達との関係が悪くなる」「気分屋・怠け者と言われる」「過眠や過食」「生活習慣の乱れ」「感情のコントロールが上手くできない」などの悩みが非定形うつ病の人に多く見られます。悩みは、人それぞれなので他にもあるでしょう。その非定形うつ病の治療方法は、「カウンセリングを受ける」「生活習慣を整える」「薬を服用する」「考え方を変える」ことです。この非定形うつ病は、お薬だけを服用しても効果はあまり得られません。なのでまずは、カウセリングを受けてみるのが良いでしょう。カウセリングを受けて、自分のことや自分の思っていることを医師に伝えます。そうすると今まで気づかなかったことに気づけます。簡単に説明すると、考え方の癖を知ることができるようになるのです。自分の考え方の癖を知ると、ゆがんだ考えを変えることができます。そして、心を安定させることができます。また、「ゆがんだ考え方」があると、どうしても良いように捉えることができません。なので、毎日少しずつ自分の考え方を変えていきましょう。それによって、自分に自信がついていきますよ。あとは、生活習慣を整えることが大切です。すぐに実行することは困難だと思います。なので、小さなことからコツコツとしていくのが良いでしょう。まず、「朝起きたらカーテンを開ける」「起きたらシャワーを浴びる」などの小さなことをできるようにしましょう。これが毎日できるようになったら、次は「朝はこの時間までには起きる」「夜はこの時間までに寝る」などハードルを上げていくことが生活習慣を整えることにつながります。また、優先順位を決めることでスムーズに物事を進められて、焦ることがなくなります。焦ってしまうと、どうしても悪いほうに考えてしまいがちです。悪いほうに考えると、拒絶過敏性が出てきてしまいます。そうならないために、優先順位をつけて行動する必要があります。その他にも、軽い運動も必要になってきます。1日15分くらいウォーキングをするのが良いでしょう。慣れたら少しずつ長くしていき、習慣にするのが大切です。うつ病は、決して治せない病気ではありません。うつ病の人の周りの人がちゃんとした知識をつけ、支えていけば治っていきます。なので、一緒にうつ病を治すくらいの意気込みで接し方を工夫するようにしましょう。例えば、ちょっとした小さな行動でもありがとうなどの感謝を伝えることが大切です。そうすることによって少しずつうつ病患者は心を開いてくれるようになります。またうつ病患者が焦っているときやイライラしているときは、コチラが落ち着いて話しを聞いてあげて対処する必要があります。うつ病の症状が軽くなってきた場合や一段落区切りがついたときに油断しがちになりますが、気を抜かず今まで通りしっかりサポートするようしましょう。この時期が特に危険だということを周りの人は認識して接し方を変えるべきです。

To Top