うつ病患者に対する接し方「病院に通う重要性と対策について」

禁句を知ろう

ドクター

うつ病の人に、どう接してどんな言葉をかけたらいいかわからないですよね。うつ病の人への接し方は、そっとしておくのがベストです。無理に何か聞き出すことはせずに、相手から話しだすまで待つのが基本です。そっとしておくのが良いとしても、うつ病の人になにかしら声をかけてあげたいと思う人もいるでしょう。しかしうつ病の人には、それも負担になってしまいます。うつ病の人に対しての言葉選びは、重要です。なので、いわゆる禁句と言われている言葉をお教えします。それは励ましの言葉を言わないことです。励ましは、うつ病の人にとってプレッシャーになります。「頑張ってね」「こんなのすぐ治るよ」「君なら大丈夫だよ」などの言葉が禁句となっています。「頑張ってね」と言われたうつ病の人は、「もう、これ以上頑張れないのに、どうしたらいいんだ」と頭を抱えてしまうのです。あと、感情的に喋りかけたり、厳しいことを言ったりすることも禁句です。うつ病の人に、「どうしてこんなこともできないの」「いつまでそんなことをしているつもりだ」などの言葉を放ってはいけません。なにもできないことは、本人が一番悩んでいます。それを一緒にいる人が責めてしまうと、うつ病がひどくなる可能性があります。
なので、一番はそっとしておくことと、話し始めたらなにも言わずに聞いてあげましょう。ですが、相手が話し出してくれると返答したくなりますよね。そんな時には手を握ったり、さすってあげたりすると相手は安心することがあります。あとは、うつ病は頑張りすぎて発症しているので、休ませてあげることが大切です。
次に、非定形うつ病の人への接し方と禁句についてお伝えします。非定形うつ病の人に対しての接し方は、プレッシャーを与えないことです。ここは、うつ病の人と同じですね。非定形うつ病は、ストレスを自分で発散できない人が陥りやすいです。また、うつ病の人とは違い、非定形うつ病の人には少しなら励ましの言葉を言っても大丈夫です。
ですが、「今日は元気そうですね」などの言葉をかけてしまうのはまずいです。非定形うつ病は、拒絶過敏性と呼ばれるタイプがあります。拒絶過敏性とは、他人の何気ない一言にとても敏感に反応します。そして、その言葉を悪意のあるものだと受け取ってしまうところがあります。それと、過度に否定されるのを嫌います。拒絶過敏性の人はそういった症状があり、「いつもは具合が悪いから邪魔だと思っているんだ」と悲観的に捉えます。そうすると、周りの人に対して攻撃的になります。もし、攻撃的になった場合は一人にしておくのがいいでしょう。一人になり、時間が経つと怒りが収まります。一人にして怒りが収まると申し訳なくなり、気持ちを話し出します。そのときは、聞いてあげてください。また、拒絶過敏性以外にも気分反応性という症状があります。気分反応性は、「好きなことや楽しいことは難なくできるが、苦手なことや嫌なことになるとうつ病の症状が出てくる」というものです。その気分反応性の症状が現れるのは、例として「仕事に行く元気はないが、遊びには行く元気がある」などです。また、気分反応性の症状が出たときに言ってはいけない禁句があります。それは、「そんなのはうつ病ではない」「甘え」などです。一般的に見ると、確かに甘えに見えるかもしれません。ですが、これらは非定形うつ病の症状なのです。これらの接し方や禁句を忘れないように、冷静に対処しましょう。

To Top